FC2ブログ




遅咲きライダー?の部屋(GSX1400)

2006年3月からバイクに乗りだし いっぱしのライダーを目指しています。

ペースが遅いな!



先日 久しぶりに本屋のコーナーに立ち寄ってみたら


20190726_111839.jpg


【大阪ほんま本大賞】 ??  なんじゃこれ?
この名称になってからは4年目 前の名称を含めると7年目 らしい

知らなかった

この手の本が大賞を取るのは珍しい    と思う
(タイトルだけで 勝手に判断しています)

でも 買わなかったけど、、、、、、、


で 思い出した様に ブログにアップする事にしました


20190726_124344.jpg


8人? の短編小説集
何故?かというと 荻原 浩 は驚きの4コマ漫画だから 
小説集の中に入れて良いのやら という事です。 

う~ん なんだか 切り口が皆同じに感じる
アニメ



20190726_124402.jpg


3年位前か? NHKで2年にかけて放映された ドラマ(綾瀬はるか主演)を見ていたので
今年 文庫化された時に買っていた

後から 原作を読むのは久しぶり  
だけど楽しい 

○○の守り人 はシリーズなので
残りも買おうかな? 少なくとも 精霊の、、、はドラマの前半部分(1年目)だから
後半部分(2年目)にあたる のを探して買いだな!!

現在進行中の本は また 改めてアップするとして
今年はちょっとペースが遅いな!
梅雨の間にもっと読んでおくんだった


アニメ  もうちょっと 頑張ろう

スポンサーサイト



予定変更



予定を変更して、
20190227_144250.jpg


2年ほど前の芥川賞 受賞作


ため込んでいたのだが、 薄い本なので 予定を変更して読んでみた
100ページに満たないのであっ!!という間に読めた

読みやすい事は間違いないが
芥川、直木賞 の受賞作とは縁がないのだろうか?  って感想



それはそうと2020年のNHK大河ドラマが 明智光秀に決まりましたね


この本とドラマは関係ないが 昨年読んでて良かった
20190227_144505.jpg

このシリーズは後一冊買ってあるのだが 未読



アニメ  中々予定通りにはいかないね!!!

商売上手


数日前 2019年最初の一冊を読み終えた
20190129_130204.jpg


研究家や大学教授 等が書く 小難しい言葉や 知識を全て詰め込みましたって感じがなく
百田らしい(と言える程知らないけど) というか 小説家らしい というか
読みやすい 一冊(あっ この本小説ではありません)

中には そうかなぁ(???)と思うところもあるけれど
まぁ そこは「ひとそれぞれ」という事で

平成最後の年に読むには良いかなと思って去年の暮に買ったのだが
まぁ正解でした。


で 2冊目はこれに決めていたのだが
20190129_162246.jpg



先日 ショッピングモールの本屋の前で こんなものが目に入った
20190129_130059.jpg


えぇ~!!  そんなの出てるの? って出版元を見ると
本編と副読本で出版元が違うし、、、


商売上手ですなぁ  買っちゃいました

アニメ
あまり副読本的なものは買わないんだけど ついつい手が、、、、
2冊目はこれに変更かな?


アニメ

2018年の読書


2018年は この一冊から始まりました

20170117-P1170025.jpg


結局 今年は 12冊ほど読んだのかな?  あと2冊は読むはずだったのに、、、、


2019年 の最初の一冊を決めて 今年の読書は終了


アニメ

これでも読んで勉強しろ!!



実際に読んだわけではない

少し立ち読みしただけだけど

なんかそれらしい事が書いていた

いつの本かは知らないけど

例のアメフト事件(あれは もう事件と言っていいでしょう)にピッタリの内容

20180610-DCIM0010.jpg


ピッタリだから並んだのか、 たまたま時期が被ったのかはわからないが
高校・大学のスポーツ関係者には是非読んでもらいたい


私は30年以上前から疑問に思っていたけどね

高校生なんかで
「先輩のいう事は絶対だ」とか  大っ嫌い!!
それを許している 学校や監督(大人)も大っ嫌い
寮生活なんかで表向き先輩が後輩の面倒をみる(実際は後輩が面倒みてるんだけど)なんてあるけど
こんなのもってのほか
ガキの面倒をガキにやらしてはいけない  ちゃんと大人が面倒みないと、、、、
後輩は後輩 先輩は先輩であり 師匠と弟子の関係ではない

今回のアメフトは 大人だと思っていた人間達が実は 一番ガキだったというだけでしょ
事件後の態度等を含めて、、

最近は私の周りでも スポーツ選手が大学に行く時は
1年時 先輩の世話(洗濯やら買い物等の雑用)でほぼ練習が出来ない
という様な大学には 行かなくなってきているという話を聞きますし、
ちゃんと1年から練習に専念できるという事をうたい文句にしている学校が増えてきているらしい

当たり前の事をうたい文句にできる  という事自体 まだまだ問題だが
多少変わりつつあるんだろうね  良い事だ

日本では欧州の様にクラブ化は難しいかもしれないが
是非 日本版NCAAを、、、  そして高校生版も作ってもらいたい

アニメ

タイムマシンがあったら

まずはGW明け から読みだした この2冊
20180530-P5290039.jpg


著者は明智光秀の子孫と言われる 明智憲三郎

まぁ 本当に子孫なのか? という事は置いておいて

なかなか読み応えがあってよろしい

「本能寺の変 427年目の真実」 というデビュー作もあるのだが
著者の言いたい事はこの2冊で網羅されているのではないか? と推測する

年末くらいに デビュー作は読んでみようかな?

歴史の真実はタイムマシンで過去に行ってその場を見てみないと わからない

著者が言う様に 信頼のおける史料を幾つか時系列に並べれば
ある程度の推測は可能という意見には賛成だが 「信頼のおける史料」をどの様にして決めるか
それも また推測でしかないのである

明智は何故 織田を討ったのか 何故討てたのか

「永遠の謎」でいいではないか?

子孫と言われる人間にしてみれば そうもいかないのか?

まぁそんな事は 別にして なかなか面白かった
#特に歴史学者等を名指しで非難している所はよっぽど腹に据えかねているのでしょう

歴史は好きだが 文献とか史料とかは全くしらない自分にしてみれば
「へぇ そんな史料があるんだ」 と色々教えられる(信頼度は別にして)


しかし この2冊 厚さが随分違う
20180530-P5290043.jpg


でも値段は余り変わらない(数十円)  
書籍の値段ほど 訳が分からないものはないですねぇ



次は 高橋由太
20180530-P5220013.jpg


「猫は、、、」シリーズは既に 5巻まで購入しているが
5巻目のタイトルを見ると 5巻で終わりの様だ
あと4巻  ゆっくり楽しみます

オサキシリーズも終わってしまったし、
ぽんぽこシリーズは終わったのか終わっていないのか 不明だし

新たなシリーズが始まる事を期待
その前にすでに購入している
「もののけ犯科帳」シリーズと「新選組」シリーズをかたずけないと、、、、


アニメ


GW  は2冊だけ



GW中は もう少し読もうと思っていたのだが
たった2冊だけでした


高橋由太の「オサキ」シリーズ  とうとう終わっちゃいました 
20180506-P5060002.jpg
アニメ   残念ですっ!!





色川武大  
20180506-P5060001.jpg


色川武大  別名:阿佐田 哲也
麻雀放浪記 等 阿佐田名義は数えきれないほど読んでいるが
色川名義はこれで 2冊目かな?(3冊かも)




アニメ  次は何読もうかなぁ ストックは一杯あるんだよな

オリンピックと共に



夜 オリンピックを見ながら 平行して 少しづつ読み続け 
2週間かけて読破
20180225-P2250003.jpg


ルイス・フロイスに関する本は読んだ事がなく面白そうだったので 思わず手にしてしまった。

この本を購入する決め手は 序章でも書かれている
和訳への思いかな


TOEICで満点を何度も取っているという作者 だけあって こだわりはある様です。
ふざけた ペンネームにしては えらい!!


特に 一人称が無限にある日本語を一度外国語にして、それを和訳するには
言語が違うので当然ですが 相当な無理があります 
でも それによって 背景(時代背景、周囲との人間関係)などが全く伝わらない場合が多い

吾輩は猫である = I am a Cat    じゃないんだよなぁ
アニメ  性別すらわからないじゃないか!!



じゃぁ 何なんだと言われると 困るんですけど、、、、、

フロイスが残した 膨大な資料は ポルトガル語(当然 当時のポルトガル語)で書かれている
みたいですが なるべく実際に書かれていた言葉はそのままにしている様です。

フロイスと言えば 信長 なのだが この一冊ではまだ 織田の「お」の字も出てこないのだが
これからが楽しみです 


アニメ


この一冊から


さかのぼる事 約10日


2018年は この一冊から開始です。

20170117-P1170025.jpg


元旦から読みだして 一週間かけて 読みました

グリ・森 事件

私が二十歳くらいの時だから 30数年前
事件真っ只中のある日 母親がやたらと「チョコレート 食べ!」と行ってくるので
一つもらって食べました 普段チョコなんて買わない母親だったので
「もらったん?」 って聞くと
「家の門柱に置いてあった ので毒見してもらったんや」 との事
アニメ  なんちゅう事すんねん


まだ 落ちていた と言われる方が良かった気がする
門柱に置いていた という事は 誰かが意図的に置いたんだから ヤバイでしょ
世間では青酸入りチョコで騒いでいる最中なんだから


しかも 和歌山の人にもあまり知られていないみたいだが
(理由は報道が事件から随分経過していたかららしい)

グリ・森って 大阪や神戸や滋賀 が舞台として有名だが
実は 和歌山の超有名店にも脅迫状が届いていたんだよね

そんな事で結構 ニュースを見ていました
全て時効になってしまった事は残念です。 が
望みは 確か 犯人が海外逃亡していれば
その期間は時計が止まるはず (もし間違っていればごめんなさい🙇)
ではなかったかな?(犯人が確認されている場合だけかな?)

去年は 少なかったので今年は精力的に読む事にします。

アニメ

このカテゴリーに該当する記事はありません。